爱好者 > Typecho > ACG相关 > さくら

さくら

作者:佚名 来源:爱好者 时间:2015-12-25

《sakura》

歌手:高野健一

 
さくら - 高野健一

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の胸つぶれちゃいそうだ (我的胸口就像快撕裂了一样)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の息止まっちゃいそうだ (我的呼吸就像要停止了一样)

春に生まれた君を (春天出生的你)

「さくら」って名付けた (为你取名小樱)

かわいらしく (非常可爱)

ひらがな3文字で「さくら」 (只有三个平假名的sakura)

親指くらいの (握着你那)

小っちゃな手を握ったら (像姆指一样大的小手)

まだ開かない目で (还无法睁开眼睛的你)

君はクシャクシャ笑った (就会洽洽的笑)

いつもいつも (一直一直的)

僕は君と一緒だったなぁ (我都跟你在一起)

あきれるくらい (让人吃惊的)

写真をいっぱい撮ったなぁ (拍了一堆的照片呢)

君と僕が似てるって (你和我长得很像)

言われて嬉しかったなぁ (被这样说的话会很开心)

君と同じふうに (学着你的样子)

僕はいっぱい笑ったんだなぁ (我也笑得非常地开心)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の胸つぶれちゃいそうだ (我的胸口就像快撕裂了一样)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の息止まっちゃいそうだ (我的呼吸就像要停止了一样)

五月の風 (五月的风)

追いかけっこした土手の道 (在堤防上追逐嬉戏)

六月の雨 (六月的雨)

窓超しに見ていた紫陽花 (透过窗台看紫阳花)

八月の庭 (八月的院子)

ホースで描いた小さな虹 (用浇花的水描绘出小彩虹)

九月の朝 (九月的清晨)

おそろいのミッフィーの食器 (和你用成对的米菲兔餐具)

一月の雪 (一月的雪)

毛布にくるまっていた君 (被毛毯卷起来的你)

二月の星 (二月的星)

遠くをじっと見ていた君 (一直看着远方的你)

三月の街 (三月的街道)

背中が大きくなった君 (长大了的你的背影)

四月の夢 (四月的梦)

毎年祝った誕生日 (每年都会庆祝的生日)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の胸つぶれちゃいそうだ (我的胸口就像快撕裂了一样)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の息止まっちゃいそうだ (我的呼吸就像要停止了一样)

いつもとは違う声で君は泣いていた (听到你和平常不一样的哭泣声)

僕は泣きながら病院へ連れていった (我哭着把你送去医院)

お医者さんはとっても優しい人だった (医生明明是个非常温柔的人)

「さよならできる」と (“是时候说再见了……”)

僕はちゃんとうなづいた…。 (我好好的点了点头)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君にホントは会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の瞳濡れちゃいそうだ (我的眼框就像湿润了一样)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ他に何にもいらないよ (别的我什么都不想要)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の心消えちゃいそうだ (我的心就像快消失了一样)

『消えちゃいそうだ…。』 (就像快要消失)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の胸つぶれちゃいそうだ (我的胸口就像快撕裂了一样)

さくら、さくら、会いたいよ (小樱、小樱 好想见你)

いやだ君に今すぐ会いたいよ (我好想现在就见到你)

天に召します神様、お願い (将你召回天上的神明啊、求求你)

僕の息止まっちゃいそうだ (我的呼吸就像要停止了一样)

春に生まれた君を (春天出生的你)

「さくら」って名付けた (为你取名小樱)

かわいらしく (非常可爱)

ひらがな3文字で「さくら」 (只有三个平假名的sakura)

明日、晴れたら (明天、如果是晴天的话)

どこか遊びに行こうよ (要带你去哪里玩呢)

さくら (小樱?)

きっと桜がいっぱい咲いて (现在正是樱花烂漫的时节呦)

きれいだよ (一定会非常漂亮的)

さくら (小樱...)

 
 
- 00:00 / 04:42 
 

单纯地从歌词角度上来看,是写给自己的女儿自己的妹妹,其实原作小说中是只狗。

当然高野健一只是取原作为灵感。这个小女孩去世必定是还在很小的时候,可以想象一下是大概两三岁的小孩子。

歌词中提到是因为注意到和往常的哭声不一样才带到医院去的,如果是已经会说话了什么的,就不会这样写了

《樱花,樱花,想见你,现在就想要见你》就是这首歌的各种翻唱